世界を苦しめた日本サッカーのプライドとチャレンジ

先日行われたクラブワールドカップ2016での鹿島アントラーズに賞賛を送りたい。結果から見ると、レアルマドリードに敗れてしまったが、日本サッカーの歴史でここまで、世界屈指のクラブを苦しめた試合は無かった。

レアルマドリードといえば、スペインリーグでも同リーグ内の中上位を争うクラブに対して、大量得点で勝利するようなクラブである。毎年、優勝候補でヨーロッパチャンピオンズリーグでは最も優勝回数が多い。

かつて、日本代表がレアルマドリードと親善試合を行なったことがあったが、内容が思い出せないほど乏しく、敗戦だったことぐらいしか印象に残っていない。それだけに今回、鹿島がレアルを苦しめたことが日本に限らず、世界にも強いインパクトを与えたことであろう。

開催国であるがゆえ、決勝まで勝ち進んだことはプライドとなり、また、世界屈指の強豪クラブに臆することなく挑んでいった。まだまだ序の口かもしれない。けれども、今後の日本サッカーにおけるターニングポイントとなるべく、素晴らしいゲームであったし、今後、鹿島に限らず日本のクラブチームが果敢に挑んでいくチームが増えてくれることを願いたい。脱毛ラボ 選べる部分脱毛 24箇所

世界を苦しめた日本サッカーのプライドとチャレンジ